からだほぐして こころリラックス

ほぐリラ

カラダとココロの癒しスポット

News & Blog

【サロンオーナー向け】雇用調整助成金の所感

こんにちわ、養田です。
今日は同業者さんに少しでも有益な情報を提供できたらと思いブログを書いております。
この未曽有の状況の中、政府や自治体からさまざまな支援策がもたらされようとしています。
使える助成金や給付金はしっかりと申請し、頑張ってこの状況を乗り越えましょう。

サロン向けの助成金や給付金がわかりやすい説明でまとめられているブログとして以下を紹介します。

インディバ専門店 「銀座INUDIBA」
https://inudiba.com/blog/4178/

「ほぐリラみなとみらい店」で提供されているインディバ導入の際にとてもお世話になった銀座INUDIBAのオーナー阿南氏によるブログです。
氏のブログの中でも紹介されている『雇用調整助成金』について、先日社労士と共に横浜わかものハローワークに説明を聞きに行く機会に恵まれましたので話したいと思います。
20200424205107_001

これが必要な書類の一覧となっています(4/23現在)
これでも今週に入り、36協定の証明が省かれたらしくかなりスリムアップしたとのこと。
現在進行形で簡略化は進められているそうなので、計画書の申請は5月中旬まで待ったほうが良さそうです。
ただ、追いかけられるのは2か月前の給与までみたいですし雇用保険適用外のパートに対する当該助成金の特例適用は6月30日までなのであまりのんびりしていると煩雑極まる書類作業に飲み込まれてしまう可能性が高いので気を付けてください。

とにかく複雑で書類が多く、日々仕様も変わり社労士サイドもかなり困惑している案件のようです。
恐らくほとんどのサロンオーナー様は社労士に丸投げを考えていると思われますが、問い合わせが11万8000件、申請数は985件に対し、支給決定が60件。
プロに任せてこの数字、難易度はお分かりですよね?
事実、ほとんど社労士事務所が手付金と成功報酬としているはずです(申請に失敗したときのトラブル回避の為)
それと厄介なのが既に電話窓口が完全にパンクしていて何かわからないことがあっても聞けないこと。
コロナ拡散防止の影響で多くの人が集まらないように配慮しながらの質問会なので役所も質問者数がさばけないこと。

ネットなどではこの制度を利用することが大前提で気軽に話を進めている場面がかなり散見されますが、現状では安易にこの制度の利用ありきで今後の収支を策定していくのはかなり危険だと感じました。
慎重に対策をなさっていくことをオススメします。

辛い時期ですが、うまく使える制度を使いこなして頑張っていきましょう。